平川 忠 毘沙門器

平成元年に備前市新庄の毘沙門様をおまつりした小さなほこらのある毘沙門山の一角に窯を築き独立したが、以来この地の縁を大切にしたいという思いから毘沙門様をイメージした作品がうまれた。これが毘沙門器シリーズである。

平川忠 毘沙門器

平川 忠 <毘沙門器>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です