作品について

平成元年に備前市新庄の毘沙門様をおまつりした小さなほこらのある毘沙門山の一角に窯を築き独立したが、以来この地の縁を大切にしたいという思いから毘沙門様をイメージした作品がうまれた。これが毘沙門器シリーズである。

平川忠 毘沙門器

平川 忠 <毘沙門器>

同作家の作品一覧

すべて見る

平川 忠

備前の原点を追い求める作家

彼の作陶と研究の日々は桃山室町を越え、ついに鎌倉期の土窯へとたどりついた。

土を原点ととらえ、あたかも会話するように作品が生まれる、そんな平川忠の仕事をお楽しみください。

作家紹介ページへ

[備前焼の世界 WEB運営者] Hiro Chikashige Gallery

[所在地] 岡山県岡山市北区表町三丁目9-30

[連絡先] 086-231-4557

[WEBサイト制作協力] 株式会社カラム

copyright © 2013 備前焼の世界 All Rights Reserved